研修で効果を得るためにの話 1

以前勤めていた会社での事です。ある程度の役職になると会議などで忙しくなる為、一般社員のうちに多くの研修がありました。研修そのものは、会社がその者に対して必要と考えているから実施されています。ですからいかなる研修でもきちんと受け、またスキルアップに必ず繋げなければなりません。なので研修を行う度に会社が求めるスキルまで到達するのは「義務」だと思います。ですがマンネリやワンパターン、或いは研修内容と仕事の現場、実態とかけ離れている等、為にならないものもありました。その内容はもちろん重要ですが、自分が思うに為にならない研修とは、主に社内の近しい人間だけで行うものだと思います。その内容がどんなにきちんとしたものであっても、あまり為になった記憶が無いです。思うにそのシチュエーションがまずいのだろうと思います。やはり近しい者が集まるとどうしてもリラックスしてしまいます。

1級建築施工管理技士の独学実地

婚活サイト

屋根が腐食していたみたいで、暴風雨によって破損してしまいました。

ビルや病院の清掃業務は株式会社ベルにお任せ!